菅義偉首相と「大乱世」
ニュース・エディター 丸谷浩史

菅内閣発足
コラム(政治)
政治
Deep Insight
2020/10/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉首相が就任した前後、よく「大乱世」という言葉が聞かれた。首相が政治の師と仰ぐ梶山静六氏を、かつて金丸信元副総理が「大乱世の梶山」と評したのにちなんでのことだ。

新型コロナウイルスの感染拡大、大恐慌以来100年ぶりの経済状況、民主主義の根幹さえ揺らぐ米国の大統領選。内外とも、まさに「大乱世」にある。就任から間もなく1カ月となる首相は、これまでの霞が関・永田町の常識では考えられないスピードでの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]