/

この記事は会員限定です

対話かミサイルか 米大統領選、固唾のむ朝鮮半島

米大統領選 揺れる世界(3)

(更新) [有料会員限定]

10日午前0時すぎ、北朝鮮国務委員長の金正恩(キム・ジョンウン)は平壌の金日成広場で演説した。「我が人民に吐露したい真情は『ありがとう』の一言だ」。時折涙ぐむそぶりを見せながら、市民や軍の労苦を慰め「ありがとう」を10回以上繰り返した。長引く国連制裁と新型コロナウイルス、豪雨被害の「三重苦」に直面し、威信を保つのに苦心する最高指導者の姿が闇夜に浮かんだ。

「あなたは必ず打ち勝つ」。パレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン