/

この記事は会員限定です

金沢で「国立工芸館」25日開業 市内観光に新ルート

(更新) [有料会員限定]

東京国立近代美術館(東京・千代田)の工芸館が金沢市に移転し、25日に「国立工芸館」として開館する。石川県や金沢市は開館に備えて観光ルートを整備した。同市の名所といえば兼六園や金沢城公園だが、入園者数は大きく伸びていない。金沢の歴史的蓄積がある工芸で文化に関心を持つ中高年層を呼び込み、観光需要を開拓する。

兼六園の南側にある本多の森公園に近づくと、開業を待つ国立工芸館が目に入る。欧州風の古い館が2つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン