/

ノーベル賞顕彰室開設へ 愛知、名古屋市科学館に

愛知県の大村秀章知事は12日の記者会見で、県ゆかりのノーベル賞受賞者の業績を伝える「あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室」を、2021年3月23日に名古屋市中区の市科学館内に市と共同で開設すると発表した。

県によると、県内の大学や研究機関に在籍実績のある受賞者は、2008年物理学賞の小林誠氏と益川敏英氏、19年化学賞の吉野彰氏ら計8人いる。

記念室は、受賞研究の内容や成果の他、受賞者の人生を映像などで展示。子どもにも分かりやすい内容を目指す。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン