/

この記事は会員限定です

ニッポン素材、世界支える 縁の下銘柄の底力

[有料会員限定]

日本ゼオンはいい技術を持っているのに株価が割安なんじゃないか」。9月下旬、モルガン・スタンレーMUFG証券の渡部貴人氏のもとに、香港の投資家から問い合わせが届いた。

ゼオンはタイヤ向けの合成ゴムでトップクラスの生産量を誇る自動車関連銘柄だ。ただ、個人投資家の間では知名度が低く、8日時点のPBR(株価純資産倍率)は解散価値の1倍を下回る水準にある。「電気自動車(EV)市場の拡大が期待されているのに、評価され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2367文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン