ナイキ厚底シューズのマーケ戦略 「常識」への挑戦

Tokyoオリパラ
2020/10/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あるスポーツ競技の特定のシューズが日本中の老若男女の間で大きな話題となる。こんなことがかつてあっただろうか。厚底シューズとして注目を浴びた「ナイキ ヴェイパーフライ シリーズ」は、商品開発だけでなくマーケティングにおいても「常識」に対する挑戦だった。

参加した全210人の選手のうち177人、約85%が厚底シューズだった――。2020年の正月に開催された東京箱根間往復大学駅伝(以下、箱根駅伝)。白熱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]