/

この記事は会員限定です

価格安定した暗号資産「発行の仕組み見直す」

ブロックチェーン推進協会代表理事 平野洋一郎氏

[有料会員限定]

欧州連合(EU)が法定通貨を裏付けとしたデジタル通貨に規制の網を掛けたことで、民間が対応を迫られ始めた。独自通貨の開発準備を進めるブロックチェーン推進協会(BCCC)の平野洋一郎代表理事(アステリア社長)は日本経済新聞のインタビューに応じ、「EU規制案を前提に発行の構造や仕組みを見直す必要がある」と明らかにした。

BCCCは、裏付け資産を持たせて価格を安定させた暗号資産(仮想通貨)の一種、ステーブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン