/

筒美京平さんが死去 作曲家、「また逢う日まで」

(更新)
死去した筒美京平さん=共同

「また逢う日まで」「ギンギラギンにさりげなく」など、昭和期にヒットした歌謡曲を多数手掛けた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい、本名=渡辺栄吉=わたなべ・えいきち)さんが10月7日午後3時ごろ、誤嚥性肺炎のため東京都内の自宅で死去した。80歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は妻、善子さん。

青山学院大を卒業後、レコード会社勤務を経て、1967年から専業の作曲家として活動した。68年発売のいしだあゆみさん「ブルー・ライト・ヨコハマ」がヒット。71年の尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」と79年のジュディ・オングさん「魅せられて」で日本レコード大賞を受賞した。

洋楽をベースにした洗練されたメロディーで70、80年代の歌謡曲黄金期を支えた。太田裕美さん「木綿のハンカチーフ」、近藤真彦さん「ギンギラギンにさりげなく」、小泉今日子さん「なんてったってアイドル」などヒット曲を連発。90、2000年代になっても人気曲を生み出し続け、作曲活動は10年代も盛んだった。手掛けた作品は3千曲ともいわれる。

「サザエさん」や「怪物くん」などのアニメ主題歌やドラマ主題歌、テレビのバラエティー番組のテーマ曲など、作品分野は多岐にわたった。

多くの名曲で時代を彩った一方、表舞台に出ることを好まず、職業作曲家として裏方に徹する立場を貫いた。楽曲を管理する日音(東京・港)によると、自宅で病気療養中だったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン