/

この記事は会員限定です

AI農業、栽培から収穫まで 人手不足解消へ一役

アグリの新地平(3)

(更新) [有料会員限定]

農家の勘や経験はおろか、水をまくホースや土さえもいらない――。そんな農業を、人工知能(AI)を使った農産物栽培支援システム「KIBUN」が可能にした。考案したのは横浜市のIT企業、プラントライフシステムズ(PLS)の松岡孝幸社長(53)だ。

スマホでトマト農園を運営

「午前7~10時に(授粉用の)蜂を使用してください」。PLSが相模原市で運営するトマト農園では、従業員がAIの指示をスマートフォンで確認しながら1日の作業を進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アグリの新地平

長期衰退から成長産業への転換が期待される農業。最新技術を駆使し、新たな地平を切り開くスマート・アグリ(農業)が各地で広がっている。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン