/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、避難・情報収集にAI・SNS活用

首都圏 水害への備え(下)

[有料会員限定]

清水建設など民間13社で構成し、東京都江東区で次世代の街づくりを進める豊洲スマートシティ推進協議会が9月、オンライン上で防災訓練を開いた。台風の接近で水害の危険性が高まっていると想定。約300人の参加者に避難すべきかどうかを人工知能(AI)が指示した。

    【「首都圏 水害への備え」記事一覧】

ウェザーニューズが開発したアプリ「LINE」による防災チャットボットを活用。「自身の状態はどうですか」などの質問に答える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン