/

中国企業元顧問ら有罪 IR汚職、秋元議員への贈賄認定

カジノを含む統合型リゾート(IR)参入を巡る汚職事件で、衆院議員の秋元司被告(48)=収賄罪などで起訴=への贈賄罪に問われた中国企業「500ドットコム」元顧問2人の判決公判で、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)は12日、いずれも執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

同社元顧問の紺野昌彦被告(49)が懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、仲里勝憲被告(48)が懲役1年10月、執行猶予3年(求刑懲役1年10月)だった。

判決理由で丹羽裁判長は「一連の贈賄工作で秋元議員と関係を深め、IR関連立法の立ち入った内容の情報提供を受けていた」と認定。「IR事業の職務の公正や社会一般の信頼を大きく損なった」と指摘した。

判決によると、両被告は同社日本法人元役員、鄭希被告(38)=贈賄罪などで起訴=らと共謀し、2017年9月~18年2月、IR担当の内閣府副大臣と国土交通副大臣を兼務していた秋元議員にIR事業を巡る便宜を図ってもらう見返りとして、計約760万円相当の賄賂を提供した。

紺野被告は無届けで現金1500万円を日本に持ち込んだ外為法違反罪でも有罪となった。

秋元議員は保釈後の6~7月、自らの公判で虚偽証言をするよう紺野被告らに働きかけたとして、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)罪で追起訴された。IR汚職事件での保釈保証金3千万円の没収が決定し、勾留が続いている。初公判の期日は決まっていない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン