米民主党、医療・中絶で追及 最高裁判事候補の公聴会

米大統領選
2020/10/12 11:48
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】12日に始まった米連邦最高裁判所判事の指名公聴会は11月の大統領選をにらみ、与野党の攻防が激化した。与党・共和党は支持者に成果を訴えるため選挙前に価値観の近い保守派を承認する案を探る。野党・民主党は医療保険制度や妊娠中絶の権利が揺らぐと主張し、女性有権者の取り込みを狙う。

バレット氏は人工妊娠中絶の権利に否定的な立場を示す=ワシントンポスト・AP

米最高裁判所判事に指名されたエイミー・バレット氏は4日間にわたる公聴会に臨んだ(12日、ワシントン)=ロイター

上院司法委員会は12日、トランプ大統領が指名した保守派のエイミー・バレット氏の公聴会を開いた。9月中旬に死去したリベラル派のルース・ギンズバーグ氏の後任にあたる。15日までの公聴会では与野党議員が質疑を通じてバレット氏の適性を見極める。承認には上院(定数100)の過半数の賛成が必要だ。

最高裁は米社会を二分する中絶や同性婚、銃規制、移民政策、医療保険、選挙制度など幅広い分野を扱う。上院がバレット氏を承認すると、最高裁判事9人のうち保守派が6人、民主党の価値観に近いリベラル派が3人になるとみられている。終身制の判事は数十年にわたって職務を続けるため、米社会が長期にわたり保守に傾斜しやすくなる。

民主党は公聴会でバレット氏の承認に猛反対した。バレット氏が低所得者に医療保険加入を促す制度に否定的だからだ。11月に同制度の存続をめぐる審理があり、民主党のダイアン・ファインスタイン上院議員は「バレット氏の指名で多数の米国民の保険加入が危うくなる」と指摘した。中絶を女性の権利として認める1973年の歴史的判決を批判する広告にバレット氏が署名していたことも厳しく追及する構えだ。

医療保険や中絶は女性の関心が高く、民主党の主張は大統領候補であるバイデン前副大統領と重なる。民主党はトランプ氏の考えに近いバレット氏を追及して国民生活への弊害を印象づければ、バイデン氏の支援につながるとみている。

司法委には副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員が所属し、同氏による質疑は「選挙活動」の意味合いが強くなる。ハリス氏は、2018年にトランプ氏が最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏の公聴会で「(同氏に対する)女性暴行疑惑の捜査を支持するか」と何度も問いただし、米国民の関心を集めた。

民主党はバレット氏に対し、11月の大統領選をめぐる案件から棄権すべきだとも要求する。トランプ氏は郵便投票の不正を主張し、選挙決着を最高裁に委ねる構えを見せているからだ。バレット氏が棄権を確約する可能性は低いが、同氏が政治的な判断を下さないよう強くけん制する狙いが民主党にはある。

民主党のエイミー・クロブシャー上院議員は「トランプ系判事であってはならない。有権者の意向を反映した判事であるべきだ」と訴えた。大統領選の勝者がギンズバーグ氏の後任を指名すべきだとの考えを示したものだ。

トランプ氏は大統領選前にバレット氏を承認し、政権の成果をアピールしたい考えだ。共和党のリンゼー・グラム司法委員長も「(ギンズバーグ氏という)偉大な女性を悲劇的にも失って空席が生じた。別の偉大な女性が空席を埋める」と語り、早期の承認を目指す考えを示した。

米調査会社モーニング・コンサルトの10月上旬の調査では、共和党員の77%が承認に賛成し、反対(7%)を大きく上回る。トランプ氏が最高裁判事を指名するのは3人目だ。大統領の1期目で3人の最高裁判事を承認できれば、1970年前後に4人を承認したニクソン元大統領以来の多さとなる。

一方、バレット氏が9月26日の正式指名から1カ月余りで承認されれば異例のはやさとなる。議会調査局によると、最高裁判事の上院への指名通告から最終的な上院採決にかかる日数が1975年以降に40日間以下だった例は16人のうち2人だけだ。この2人とも上院が全会一致で承認した。現時点でバレット氏には民主党の全議員が反対するとみられる。大統領選前の承認は強行採決の色合いが濃くなる。

共和党全国委員会の広報部長を務めたダグラス・ヘイ氏は「大統領選前の承認でトランプ氏が再選へ優位になるかどうかは判然としない」と指摘する。国民の関心が高い最高裁判事の承認を強行すれば、民主党支持者の反発を招くのは確実だ。民主党員の投票率が上がればトランプ氏には不利になる可能性がある。

承認手続きを最終決定する共和党上院トップのマコネル院内総務は大統領選前の承認を明言していない。大統領選と同時に実施される上院選でも共和党は過半数を維持できるか否か綱渡りなのが現状だ。当落線上の議員がバレット氏に賛成票を投じることで保守色を強めれば無党派層の支持を失うリスクがある。マコネル氏は情勢を見極めているとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]