農業も「カイゼン」 少数精鋭の経営者集団
アグリの新地平(2)

アグリの新地平
2020/10/18 2:01 (2020/10/20 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

田園風景が広がる宮城県大郷町に突如現れる巨大な栽培ハウス。足を踏み入れると、真っ白な通路をはさんで両側に高さ約2メートルのミニトマトの株が約2万5000本連なる。ハウス内は温度や湿度、日射量、肥料、水やりの量など最適な環境が自動制御され、土にまみれて働く農業のイメージが吹き飛ぶ。

■社員は20~30歳代の若手

農業法人イグナルファーム(宮城県東松島市)が大郷町で運営する農地は面積約1万平方メートル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]