/

米西部で発砲、1人死亡 左右両派グループが衝突

【ロサンゼルス=共同】米西部コロラド州デンバー中心部で10日、政治集会を開いていた右派と左派のグループが衝突して発砲事件に発展し、男性1人が死亡した。警察は地元テレビ局が契約していた民間警備員の男を拘束。殺人事件として捜査している。米メディアが伝えた。

政治集会を開いた右派と左派のグループが衝突した(10日、米西部コロラド州デンバー)=AP

11月に米大統領選を控え、米国各地では左右両派の衝突が頻発するなど緊張が高まっている。

報道によると、事件があったのは午後3時半すぎ。両グループ間で激しい口論となり、被害者の男性が催涙スプレーを吹き掛けた直後、銃で撃たれたとみられる。テレビ局はデモ取材時の安全確保のため民間警備員を雇っていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン