新型ICBMは多弾頭型の可能性 北朝鮮、開発は途上

北朝鮮
朝鮮半島
北米
2020/10/11 17:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮が10日の軍事パレードで公開した新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を巡り、韓国の専門家は複数の弾頭を搭載できる「多弾頭型」である可能性を指摘している。ただ、北朝鮮の技術水準から完成には至っていないとみられ、米国への威嚇が目的のようだ。

朝鮮労働党創建75年を祝う10日未明のパレードに登場した新型ミサイルは、これまでで最も大きい片側11輪の発射台付き車両に搭載されていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]