/

韓国「南北合意順守を」 北朝鮮の軍事パレード開催で

【ソウル=共同】北朝鮮が10日軍事パレードを開催したことを受け、韓国大統領府は11日、安保関係の閣僚や高官による国家安全保障会議(NSC)を開催し、結果を発表した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が核戦力を堅持する姿勢を表明したことに対し、大統領府は「武力衝突や戦争を防ぐための南北間の合意事項が必ず守られなければならない」と強調した。

10日未明に平壌で行われた軍事パレード=共同

金氏は「北と南が手をつなぐ日が来ることを願う」とも発言している。大統領府は「環境が整い次第、南北関係を復元させようとの北朝鮮の立場に注目し、動向を注視していく」とした。

核戦力誇示の一方で融和のメッセージも送られたため、韓国では「懸念と期待が同時に残った」(聯合ニュース)との受け止めが強い。

大統領府は、北朝鮮が新たに公開した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる兵器などの分析を進めるとともに、韓国側の防御能力も点検するとした。黄海で韓国人男性が北朝鮮に射殺された事件を巡っても、韓国側が要求している南北での共同調査や軍当局間の通信再開に応じるよう求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン