/

日産の9月中国販売5%増、2カ月ぶりプラス

日産自動車の中国での9月新車販売は「シルフィ」など主力車種が好調だった(広東省広州市の販売店)

【広州=川上尚志】日産自動車は11日、中国での9月の新車販売台数が前年同月比5.1%増の14万1595台だったと発表した。2カ月ぶりに前年実績を上回った。「シルフィ」や「アルティマ」などの主力車種が好調で、トラックなど小型商用車の販売も伸びた。

乗用車は5.3%増の11万9235台だった。シルフィが51.4%増の5万7438台で9月販売として過去最高となり、アルティマも14.3%増の1万1828台だった。多目的スポーツ車(SUV)は2.3%増の3万5357台だった。

小型商用車は12.8%増の1万9880台だった。軽量トラックが30%増の1万3200台と好調で全体をけん引した。

中国全体の新車販売台数は回復が続いている。新型コロナウイルス問題が深刻だった2~3月に大きく落ち込んだが、政府による需要喚起策などで4月以降は販売が伸びている。中国汽車工業協会によると9月は13.3%増の257万2千台となった見通し。6カ月連続で前年実績を上回る。

日系メーカーの中国での9月販売はトヨタ自動車も25.3%増の17万9400台で、6カ月連続で前年実績を上回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン