/

野口さん宇宙船は11月以降 追加点検で打ち上げ延期

(更新)
日本人宇宙飛行士の野口聡一さん=共同

【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は10日、野口聡一さん(55)らが搭乗する米企業スペースXの新型宇宙船クルードラゴンの打ち上げを、予定していた31日から、11月上旬以降に延期すると発表した。打ち上げ用のファルコン9ロケットに追加の点検が必要となったため。

野口さんはツイッターに「ロケットの安全確保のために必要な準備と考えて、引き続き訓練に励みたい」と投稿した。

NASAや宇宙専門メディアによると、最近、同型ロケットの打ち上げで第1段エンジンの装置に想定外の動きがあり、打ち上げが直前に中止になった例がある。野口さんらの安全な打ち上げに支障がないか、データや機体を調べることにした。

宇宙船には野口さんのほか、NASAの飛行士3人が搭乗する。米南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、国際宇宙ステーションに半年滞在する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン