/

この記事は会員限定です

ファーウェイ製5G基地局、米製部品が3割 本社調査

[有料会員限定]

米国による中国の華為技術(ファーウェイ)封じ込め政策が、同社が世界でシェア1位の通信基地局にも影響を及ぼしている。次世代通信規格「5G」用の基地局設備を分解したところ、制裁で使えなくなる米部品が金額ベースの約3割に上った。中国製の部品は1割に届かず、米の強硬措置が続けば業界での競争力を失う可能性が高い。

米政府は9月15日、米国の技術を使った半導体の供給を実質禁止する規制を発動した。米企業にとどま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン