/

この記事は会員限定です

ファーウェイ、基地局3強から陥落の恐れ

[有料会員限定]

ファーウェイは2000年代から3G、4Gネットワークを足がかりに通信インフラ事業を世界中で展開してきた。携帯電話の基地局で30%のシェアを持ち、フィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンと首位を争う大手の一角に成長した。

サイバー創研の調べによると、5G関連の必須特許の19年6月末時点のシェアはファーウェイは11%で米クアルコムに次ぐ2位。4G時代につくりあげた顧客網を5Gでも生かしながら中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン