/

この記事は会員限定です

政府、LNG調達網を脱炭素化 豪・東南アジアと連携

[有料会員限定]

政府は日本が輸入する重要なエネルギー資源である液化天然ガス(LNG)について開発から輸送、供給までバリューチェーン全体で環境負荷を低減する。オーストラリアや東南アジア諸国連合(ASEAN)と組んで脱炭素化を進め、米国や中東諸国などにも連携を呼びかける。環境問題を重視するESG投資の広がりに対応し資源調達の安定につなげる。

12日にLNGの産出国や消費国で開く国際会議「LNG産消会議」で梶山弘志経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン