/

来年の千葉市長選に自民・小川市議が出馬表明

自民党千葉市議の小川智之氏は10日、2021年6月に任期満了を迎える同市長選に出馬する意向を表明した。小川氏は千葉市出身。桜田義孝衆院議員の秘書などを経て、1999年に市議に初当選した。千葉市長選を巡っては、現職の熊谷俊人氏が21年春の千葉県知事選に出馬する意欲を示している。

小川氏は同日の記者会見で、熊谷市政について災害発生時におけるSNSでの情報発信などについて評価。一方で、新型コロナウイルス対応への遅れなどを例にあげながら、今後は国・県・市の連携をより強化する姿勢を強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン