5G、EV普及が追い風 「半導体製造」関連の割安株
工藤特許探偵事務所

日経マネー連載
株式投資
日経マネー
増やす
2020/10/14 2:00
保存
共有
印刷
その他

写真はイメージ=PIXTA

写真はイメージ=PIXTA

「企業が保有する特許の経済価値の総和と時価総額(株価)には相関がある」という仮説に基づき、技術力に比べて株価が安い「技術割安株」を、工藤一郎国際特許事務の力を借りて探してみた。

◇  ◇  ◇

■半導体製造工程で活躍する日本企業

次世代通信規格(5G)の普及によるモバイル機器の需要増や、EV(電気自動車)化、照明のLED化など、半導体分野にはこれからも追い風が吹き続けそう。半導体製品は米国企業や韓国企業が高いシェアを占めるが、製造工程では日本企業に強みがあり、成長が期待できる分野と言える。今回は「半導体製造技術」関連銘柄の中から、「YK値」に対して株価が割安な上位4銘柄を紹介する。

YK値とは、閲覧申請や異議申し立てなど、ライバル企業がその特許に干渉するためにかけたコストから算出した値だ(YKはYields of technology measured by Kudo & Associatesの略称)。競合企業からの干渉が多いほど特許の価値が高いとみなし、保有特許価値に比べて時価総額が割安と評価される銘柄をピックアップしている(詳細は下囲み参照)。

第1位朝日ラバー。半導体用ソルダーレジストとして活用される白色シリコーンインキに強みがある。ソルダーレジストとは、回路を保護するために基板に塗布する材料。同社のインキは、耐熱性と光の反射性に優れる。特に反射性能は発光効率を高めるため、LED照明の基板へ塗布するのに最適で、自動車分野での活用が期待される。

第2位昭和電工。多様な製品分野で活躍する化学メーカーだ。半導体素子の材料となるウエハーや、半導体の表面加工に必要な産業ガス、半導体製造装置の洗浄用高純度溶剤など、半導体製造工程に不可欠な技術を多数持っており、同技術分野では外せない存在と言えよう。

第3位住友ベークライトはエレクトロニクス分野などでプラスチック製品を提供する企業。半導体関連では特に封止材に強みがあり、世界トップシェア。封止材とは半導体素子をパッケージングするプラスチック材料のこと。半導体は熱に弱いため、その封止材には高い放熱性が必要であり、製造には技術の蓄積が欠かせない。封止材はEV駆動部でも活用が進んでおり、自動車分野でも需要増が期待できる。

第4位エンプラス。半導体用ソケットに強みがある。これは出荷検査の際に半導体と検査機器を接続するもので半導体製造には必須の重要部品。耐久性等を検査するバーンインソケットと、電気特性を検査するテストソケットとがあり、同社はどちらも世界トップクラスのシェアを誇っている。

今回取り上げた銘柄は、技術に精通していないと半導体との関連性が見えにくい銘柄だと思うが、いずれも重要な技術を持っている。ぜひ注目してほしい。

YK値とは? 特許価値で割安株を探す方法
「企業が保有する特許の経済価値の総和と時価総額(株価)には相関がある」という仮説に基づき割安株を探す。特許の経済価値は工藤一郎国際特許事務所が開発したYK値を用いる。YK値とは、出願された特許に対する閲覧請求や無効審判など、ライバル企業が特許の内容を調べたり、無効にするために弁理士に支払った費用から算出する。弁理士コストは50万~100万円程度、訴訟を含めた場合は数百万円程度であり、YK値はこの金額を基準として算出する。なお、実際の手続きには弁理士コスト以外も必要で、全体では弁理士コストの10倍、数千万円程度になることもある。ただし、全体のコストと弁理士コストはおおむね比例するため、弁理士コストから技術の価値は推定できる。

独自に選んだテーマごとに各社のYK値と時価総額を図のような軸を持つグラフにマッピングすると、妥当と思われる近似曲線が浮かび上がる。この近似曲線から左に大きく離れている企業(図ではA社)は、特許価値、つまり技術力比で時価総額が低い(割安)と考えられる。

同事務所によると、A社の位置は2年ほどかけて近似曲線に近づいていく傾向がある。これは、特許技術が製品化されて収益に寄与。時価総額が膨らむためと考えられる。この連載では、業種ごとの近似曲線から、左への乖離が大きいほど、株価が割安な銘柄として扱う。

工藤一郎(くどう・いちろう)

弁理士。工藤一郎国際特許事務所所長。大阪大学工学部卒。NECで磁気ヘッド開発に従事した後、知的財産部などで特許実務に携わる。2000年4月に工藤一郎国際特許事務所設立。特許の経済的価値の数値化や、特許価値の比較を容易にする技術業種分類などを開発。

[日経マネー2020年12月号の記事を再構成]

日経マネー 2020年11月号 年末高の波に乗れ! 年後半の稼ぎ方&勝負株

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2020/9/19)
価格 : 750円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]