/

アゼルバイジャンとアルメニアが停戦合意 ロシア仲介

【モスクワ=小川知世】ロシア外務省は10日、ナゴルノカラバフ地域での戦闘を巡り、アゼルバイジャンとアルメニアが同日からの停戦で合意したと発表した。同地域で多数派のアルメニア系住民がアゼルバイジャンから独立を求めている。今後は停戦を維持し、和平交渉に入れるかどうかが課題になる。

9日、モスクワで、ロシアのラブロフ外相(中)の仲介で会談したアルメニアのムナツァカニャン外相(右)とアゼルバイジャンのバイラモフ外相(左)(ロシア外務省提供)=AP

モスクワで9日に外相会談を開いたアゼルバイジャン、アルメニア、仲介役のロシアの3カ国が共同声明をまとめた。停戦は10日正午(日本時間同日午後5時)に発効する。捕虜交換や遺体の引き渡しといった人道目的だ。その後の停戦の基準は改めて協議する構え。

ナゴルノカラバフ地域を巡るアルメニアとアゼルバイジャンの武力衝突は過去にも起きていた。和平交渉は、同地域の紛争解決を目指し欧州安保協力機構(OSCE)に設けられた枠組みの共同議長を務める米仏ロの仲介で始める方針だ。

9月27日に始まった戦闘の死者は計400人を超えた。今回の3カ国外相会談は、戦闘の開始後、当事国による初めての直接協議となった。話し合いは10時間を超えた。

発表によると、停戦については3カ国の首脳も合意済み。7日までにロシアのプーチン大統領がアルメニア、アゼルバイジャンの両国首脳とそれぞれ電話で協議した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン