/

4G基地局を5Gに転用、KDDI・沖縄セルラーに認可

総務省は9日、KDDI沖縄セルラー電話に対し、既存の4G(第4世代)向けの携帯電話基地局を転用して次世代通信規格「5G」サービスを提供する計画申請を認可したと発表した。総務省は8月、4G向けに割り当てた周波数帯で、5Gのサービスを提供できるよう制度を変更していた。この制度での認可は今回が初めてとなる。

5Gは国内では今春に商用サービスが始まった。利用できるエリアが少なく、総務省は4Gからの転用を認めて基地局整備を後押しする。4G向けの周波数を5G向けに活用すると通信速度は4G並にとどまる。一方で同時に接続できる端末数の多さや通信の遅れの低さといった5Gの特徴は発揮でき、産業用での活用が期待されている。

5Gの商用サービスは今春にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが開始。9月には楽天モバイルも参入した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン