NYダウ続伸で始まる 追加経済対策に期待

2020/10/9 22:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸して始まった。午前9時35分現在、前日比172ドル50セント高の2万8598ドル01セントで推移している。空運会社向けなど個別の追加経済対策が実現するとの期待から引き続き買いが入っている。欧州株式相場が総じて上昇しているのも投資家心理の改善につながった。

ニューヨークのウォール街=ロイター

追加の米経済対策を巡っては、一度は中断した与野党間の協議は8日から再開している。対策の全体規模などについては与野党間の意見に隔たりはあるものの、新型コロナウイルスの影響が大きい特定の業界などに向けた対策は成立するとの見方が市場にはある。

一方、欧米中心に新型コロナの新規感染者数が再び増加していることが投資家心理の悪化につながり、相場の上値をおさえる可能性はある。

化学のダウや建機のキャタピラーなど景気敏感株が上昇している。米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイスによる買収交渉が進展していると伝わった同業のザイリンクスは10%超と急騰した。8日夕に発表した2020年7~9月期の売上高(速報値)が従来の会社予想を上回った半導体大手NXPセミコンダクターズも大幅に上昇している。一方、バイオ製薬のアムジェンとクレジットカードのアメリカン・エキスプレスは安い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]