/

この記事は会員限定です

在留外国人1.6%減 労働力にひずみ 不足と余剰偏る

[有料会員限定]

出入国在留管理庁は9日、6月末時点の在留外国人数が288万5904人だったと発表した。過去最高だった2019年末から1.6%減った。現状の集計方法になった12年末から7年連続で増え続けていた。新型コロナウイルスの拡大に伴う入国制限が影響し減少に転じた。

在留外国人は駐在員や留学生ら中長期の日本滞在者を指す。3カ月以下の観光客や出張者ら短期滞在者は含まない。

在留資格別の内訳は永住者が前年末比1%増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン