在留外国人1.6%減 労働力にひずみ 不足と余剰偏る

政治
2020/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

出入国在留管理庁は9日、6月末時点の在留外国人数が288万5904人だったと発表した。過去最高だった2019年末から1.6%減った。現状の集計方法になった12年末から7年連続で増え続けていた。新型コロナウイルスの拡大に伴う入国制限が影響し減少に転じた。

在留外国人は駐在員や留学生ら中長期の日本滞在者を指す。3カ月以下の観光客や出張者ら短期滞在者は含まない。

在留資格別の内訳は永住者が前年末比1%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]