日欧に賃金下落の波 長期化で成長抑制懸念も

2020/10/9 23:00 (2020/10/10 4:50更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本と欧州で賃金の下落が鮮明になっている。日本の8月の1人あたりの現金給与総額は5カ月連続で減少した。英国も7月まで3カ月連続で減った。失業者を出しながらも賃金水準は保つ米国と対照的に日欧は雇用維持を優先し、残業が減るなどして賃金水準が下がっている。今後は生産性が高く賃金も高い成長産業への労働移動を促す取り組みも課題になる。

重工大手に勤める30代の男性は4月以降、残業がほぼゼロになった。勤務も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]