/

旧村上系、レオパレス株保有比率8.31%に低下

レノ(東京・渋谷)など旧村上ファンド系の3社が共同保有するレオパレス21株の保有比率を8.31%まで減らしたことが9日、レノが関東財務局に提出した変更報告書で明らかになった。前回提出時(7月7日)の保有割合は12.08%だった。レオパレスが9月30日に米投資ファンドの支援を受け入れると発表したのち、3社は売却を進めていた。

レオパレスは9月30日、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループの支援を受け入れると発表した。10月1日は東京証券取引所のシステム障害で売買ができなかったが、2日のレオパレス株の終値は206円と前営業日比で8%(15円)上昇していた。翌営業日以降のレオパレス株は再び下落基調となっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン