/

この記事は会員限定です

日中のM&A活況、1~9月2~4割増 米国は4割減

コロナ感染抑制、企業活動回復

[有料会員限定]

日本と中国でM&A(合併・買収)が増えている。1~9月はアジアの金額が約5800億ドル(約61兆円)と、前年同期比で1割増となった。最大市場の米国が4割減となるなかで、回復が顕著だ。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できていることで、企業活動が活発になっている。特に日本は大型再編や海外買収などで3割近く伸びてけん引している。

リフィニティブの調べによると、1~9月のM&A金額は世界全体で約2兆32...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン