/

この記事は会員限定です

銅、鈍る上昇力 中国需要が減速

1トン6000ドル台中盤でもみ合い

[有料会員限定]

景気動向に敏感な銅の国際価格がもみ合っている。夏までの上昇をけん引した中国の需要が減速し、市場は上値を試す手掛かりを失った。世界経済の回復は力強さを欠き、銅相場の足取りは重い。相場の方向性を決める米国の大統領選挙が決着するまでは、1トン6000ドル台中盤での小幅な値動きに終始しそうだ。

指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は8日の終値が1トン6683ドルだった。3月下旬につけた3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン