/

東京都「はんこレス」へ 2021年度までに原則廃止

東京都は9日、都庁内外の手続きで必要とされていた押印を2021年度までに原則廃止すると発表した。本人確認のため必要となる場合、電子署名や電子申請をできるようにし「はんこレス」を徹底する。

根拠となる条例や法律がなく、慣習的に続けていた押印は速やかに廃止する。規定の改正が必要なものは20年度までに改正し、同時に廃止する。表彰状や許可証など、公印が必要とされる場面では押印を続ける。

ファクスやコピー用紙の利用も大幅に削減する。ファクスの送受信は相手方の企業・組織へ協力を要請。年内に電子ファイルでの受信に切り替えて21年度に原則廃止する。

都や保健所は、新型コロナウイルスの感染者の発生状況をファクスで把握していたため、感染者数の集計に時間がかかったり、誤りが生じたりしていた。

コピー用紙は使用上限を設け、パソコンのモニターを設置してデジタル化を促す。16年度比で半減させ、約1億枚まで減らすことを目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン