/

この記事は会員限定です

コロナ倒産の深層 寒風は中小零細に強く吹く

[有料会員限定]

感染収束がみえないなか、新型コロナウイルス関連の倒産が増え続けています。企業信用調査のプロ、帝国データバンク情報部の阿部成伸氏に、コロナ倒産の実情について解説してもらいました。

負債5億円未満が大半 事業譲渡難しく

まずコロナ倒産の定義ですが、帝国データバンクが行う倒産取材の過程で新型コロナが倒産の一要因または主因となったことを当事者または代理人(弁護士)が認めた場合、取引先への通知や申立書にその...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン