/

JR東日本、2021年春に新案内窓口 観光情報など提供

JR東日本は観光情報の案内や乗車券の販売を担う新たな案内窓口「JR東日本 駅たびコンシェルジュ」を2021年春に開業する。同社は駅構内の旅行商品の販売店「びゅうプラザ」の営業を22年3月までに終了し、旅行商品の販売をネットに移行していく方針。新窓口では訪日客やシニア層を支援するほか、特産品の販売などの場として新たな活用を見込む。

第1弾として21年春に川崎駅と秋田駅で開業し、順次東京駅など計24駅25カ所で設置する。びゅうプラザを展開している場所でオープンする。50歳以上を対象にする旅行の会員組織「大人の休日倶楽部(くらぶ)」に関する案内や乗車券を販売するほか、訪日旅行者向けのパスなども取り扱う。ネットでの旅行商品の購入方法なども案内する。

地域の観光情報の案内も予定。JR東日本は「びゅうプラザは旅行前に立ち寄る場所だったが、駅たびコンシェルジュは旅先で寄る場所として提案する」と話す。地域の商品の販売や、ツアー商品の取り扱いも検討している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン