/

この記事は会員限定です

台湾を巡る攻防 米中衝突リスク J・スタブリディス氏

元NATO欧州連合軍最高司令官

[有料会員限定]

11月の米国の大統領選挙が近づく中、同国と中国の関係は数十年の間で最悪レベルの状態にあるようだ。発火点になる危険が高まっているのは、台湾だろう。

台湾の国防部(国防省)は9月18日、中国の戦闘機が台湾海峡の中間線を越え、台湾側に侵入したと発表した。中国軍は翌日、爆撃機が米軍のグアムのアンダーセン基地に似た目標を攻撃する動画を公開した。

衝突のリスクが高まっているのは明らかで、中国はさらに緊張を高め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン