/

吉野家HDの3~8月、最終赤字57億円 客足の戻り鈍く

吉野家ホールディングスが9日発表した2020年3~8月期の連結決算は、最終損益が57億円の赤字(前年同期は18億円の黒字)だった。同期間としては2000年の東証1部上場以来、最大の赤字額だった。都市部の店舗を中心に新型コロナウイルスで落ち込んだ客足の戻りが鈍かった。

売上高は前年同期比23%減の819億円。5月下旬に緊急事態宣言が解除されてから営業再開を進めたが、消費者の外出が少なかった。6~8月にかけて既存店の客数は10~20%減が続いた。

営業損益は59億円の赤字(前年同期は29億円の黒字)だった。店舗での人件費や管理費などコスト削減を進めたため、赤字額は従来予想の68億円より縮まった。

事業別では吉野家事業の営業利益は前年同期比82%減の5億8900万円。持ち帰り需要で黒字を確保した。一方で「京樽」は18億円の営業赤字、「はなまる」は21億円の営業赤字だった。

河村泰貴社長は同日の記者会見で「足元の9~10月も客が戻って来ていない」と語った。21年2月期通期の業績見通しは変えず、売上高は前期比20%減の1723億円、最終損益は90億円の赤字(前期は7億1300万円の黒字)と予想する。河村社長は「売上高が前期比10%減でも利益がでる構造にしなければいけない」とコスト構造の見直しを進める考えを示した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン