/

この記事は会員限定です

リコールなんてこわくない、「核のごみ」強気の応募

[有料会員限定]

高レベル放射性廃棄物(核のごみ)処分場選定につながる文献調査に進む北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村には共通項がある。首長は連続5選で、最近の選挙では対抗馬すら現れていない。リコール(解職請求)への危惧は薄く、反対論を押し切る強行突破につながった。

2007年、いったんは文献調査に応募した高知県東洋町では町長のリコール(解職請求)運動が起き、反対派町長の就任によって応募を撤回している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン