/

この記事は会員限定です

[社説]核のごみ処分場選びへ重要な一歩だ

[有料会員限定]

原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場選びへ向け、北海道の寿都町と神恵内村が第1段階の「文献調査」を受け入れた。日本が原発を使う以上、処分場問題は避けて通れない。社会全体で我が事として考え、最適地を見いだす契機としたい。

寿都町の片岡春雄町長は9日、文献調査への応募書類を原子力発電環境整備機構(NUMO)に提出した。神恵内村の高橋昌幸村長は政府からの申し入れに応じる形で調査受け入れを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン