/

武蔵野銀行、「暦年贈与」で信託商品 非課税枠を活用

武蔵野銀行は年110万円までの贈与が非課税になる「暦年贈与」を活用した新たな信託商品を発売した。贈与契約書の作成や振り込みなどの手続きが要らず、最大5人の親族に指定した金額を年に一度贈与できる。生前の円滑な資産承継を支援し、相続税の負担軽減につなげる。

商品名は「むさしの暦年贈与型信託~贈る想い~」で信託期間は30年。信託金額は500万円以上で、契約後に追加できる。贈与依頼書を毎年郵送し、贈与の意思を確認する。対象の親族や金額も毎年変更できる。

契約時の信託財産の額に応じた手数料と年1万1000円の管理手数料がかかる。これまでも遺言代用信託などを扱っており、商品やサービスの幅を広げることで多様化する相続関連ニーズに対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン