/

新型コロナで250億円借款へ 日モンゴル外相会談

会談に臨む茂木外相(左)とモンゴルのエンフタイワン外相(9日、モンゴルのウランバートル)=外務省提供

モンゴルを訪問中の茂木敏充外相は9日、同国のエンフタイワン外相と会談した。新型コロナウイルスの世界的流行で落ち込む現地経済の回復を支援するため、250億円の円借款を供与すると表明した。

同国と北朝鮮の友好関係を踏まえ、日本人拉致問題の早期解決に向けた協力も改めて確認した。茂木氏は会談後の記者会見で「今後も両国の戦略的パートナーシップをさらに発展させたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン