/

明治記念大磯邸園、11月3日から一部公開

国が神奈川県大磯町で整備を進める、明治期の政治家の邸宅地「明治記念大磯邸園」の第1期の開園日が、11月3日に決まった。旧大隈重信別邸庭園と陸奥宗光別邸跡庭園の一部区域を開放するが、邸宅にはまだ入れない。伊藤博文邸跡や西園寺公望別邸跡などは整備中で、全面開業は2024年度を目指している。

入園料は無料で自由に入れる。開園時間は午前9時から午後4時半まで。基本的に毎週月曜日は休園。

整備・管理を担う国営昭和記念公園事務所の木村佳夫副所長は「明治期に思いをはせてもらえれば」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン