/

この記事は会員限定です

ドコモ口座問題であらわになった「本人確認」の誤解

日経コンピュータ編集長 浅川直輝

(更新) [有料会員限定]
日経クロステック

「我々の本人確認が不十分だった」(NTTドコモの丸山誠治副社長)――。

ドコモの決済サービス「ドコモ口座」の不正利用に端を発した不正出金事件では、「本人確認」という言葉が記者会見などで何度も飛び交った。

だが、日本において「本人確認」という言葉が意味するところは明確とはいえない。ドコモも記者説明会で「(銀行とドコモの間で)本人確認のレベルについて共通認識があったのかどうか、甘かった面がある」と認めている。

日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4307文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

キャッシュレス不正

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」をはじめ、キャッシュレス決済サービスとひもづいた銀行口座から不正に預金が引き出される被害が拡大しました。この問題に関する最新ニュースをまとめてお読みいただけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン