/

この記事は会員限定です

iDeCo受け取りの節税術 2つの控除枠フル活用

[有料会員限定]

「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)って非課税じゃなかったの?」。出版社勤務の男性Aさん(58)はこの夏、税理士から「Aさんの場合はイデコの資産を受給する時に課税されそうです」と言われて驚いた。

受給時の税優遇を生かす

イデコは税優遇を受けながら投資信託や預貯金で運用する。加入者は8月末で169万人と急速に拡大中だ。掛け金全額が所得・住民税の課税対象外になり、運用中も非課税。ただ受け取るとき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン