/

自民府議団、井上万博相に要望書提出 万博のサテライト会場設置など

自民党大阪府議団の所属議員らと懇談する井上万博担当相(東京都千代田区)

自民党大阪府議団は9日、内閣府で井上信治万博担当相と面会し、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に関する要望書を提出した。府議団からは原田亮幹事長、西川訓史政調会長らが出席。府内や関西各地にサテライト会場を設置することや、開催地となる夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)へのアクセスの早期整備などを求めた。

要望書を受け取った井上氏は「万博の成功には地元の協力が不可欠だ。夢洲の跡地活用についても、いろんなアイデアを教えてほしい」などと応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン