/

この記事は会員限定です

核のごみ処分場、道内2町村名のり 建設までは長い道

(更新) [有料会員限定]

原子力政策の長年の課題であった核のごみの処分場選定が動き始めた。北海道寿都(すっつ)町の片岡春雄町長は9日、経済産業省を訪れ候補地選定の前提となる「文献調査」への応募を伝えた。道内の神恵内(かもえない)村も同日、文献調査に関する国の申し入れの受諾を表明した。調査は入り口にすぎない。詳細な地質調査や周辺自治体の理解など関門が待つ。

核のごみは使用済み核燃料からウランなどを取り出した後に出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン