/

この記事は会員限定です

ドイツ仕込みの技術で地ビール 浜地酒造「杉能舎」

輝け地産品

[有料会員限定]

夏が過ぎてもビールの冷たいのどごしに思わず喉を鳴らす人は多いのではないだろうか。創業150年を迎えた老舗酒蔵、浜地酒造(福岡市)が手がける「杉能舎(すぎのや)ビール」は華やかな香りと多彩な味わいが特徴の地ビールだ。本場ドイツで修行した若手職人が地元産素材を使った新商品作りに意欲を燃やしている。

九州大学伊都キャンパス(同市)から10分ほど歩いたところに酒蔵はある。主力商品は現在も日本酒だが、199...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン