/

茅乃舎がおせち料理、だし風味生かす 久原本家

「茅乃舎」ブランドで和風調味料を展開する久原本家グループ(福岡県久山町)は、茅乃舎のだしを使ったおせち料理の受注を始めた。同町で運営する和食レストラン「茅乃舎」の料理長が監修した。同社がおせち料理を販売するのは初めてで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「巣ごもり」需要を狙う。

販売するおせち料理は3~4人前で、価格は7万5600円。2段重ねの重箱にお雑煮が付く。化学調味料や保存料を使わず、冷凍しても、だしの風味が損なわれないよう調理法を工夫した。予約は店頭や電話で受け付け、福岡県や東京都の店舗で今年末に冷凍した状態で受け渡す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン