「ぼくをつくった50のゲームたち」川島明さん 遊びを通して学んだ人生
あとがきのあと

読書
2020/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1980年に携帯ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」が発売されて今年で40年。コンピューターゲームは当たり前の娯楽として定着したが、当時の子どもにとっては遊びを変えるものだった。79年生まれの人気コメディアンがゲームとともに過ごした人生を振り返るエッセー集をまとめた。「時間がないとき、あるとき、状況に合わせてやるゲームがある。衣食住と同じもの」とゲーム愛を語る。

目次には「ドラゴンクエスト」「スーパーマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]