/

この記事は会員限定です

サラヤ、目指すは手洗い世界一企業

ココが光る

[有料会員限定]

「ヤシノミ洗剤」で知られるサラヤ(大阪市)がアフリカ大陸を切り開いている。2014年にウガンダでアルコール消毒液の現地生産を始め、ケニアにも進出した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に感染症対策が注目される中で、「手洗いの世界ナンバーワン企業」に脱皮する。

「ねえ、SARAYAした?」。サラヤの消毒液を使うウガンダの病院では、アルコール消毒することを「SARAYAする」と言う。同社の製品が手指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン