/

8月の消費支出6.9%減 お盆の旅行自粛が影響

総務省が9日発表した8月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は27万6360円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比6.9%減った。新型コロナウイルスの感染再拡大でお盆の帰省や旅行が控えられ、移動や宿泊の支出が前年より大幅に減った。季節調整済みの前月比では1.7%増で、2カ月ぶりにプラスに転じた。

家計の消費支出は緊急事態宣言の出ていた4~5月の2桁減から6月には1.2%減まで持ち直した。7月は感染が再拡大し、下げ幅が7.6%まで再び拡大した。8月も一部でお盆の帰省自粛が呼びかけられるなど、厳しい状況が続いた。

品目別にみると、教養娯楽が23.4%減と大きな落ち込みとなった。国内のパック旅行費や宿泊料が減ったのが響いた。交通・通信も12.5%減少した。

交際費が含まれるその他の支出は13.4%減。総務省は、お盆の帰省時に子供や孫に小遣いを渡す「お盆玉」が減り、交際費抑制につながったとする。

感染対策やテレワーク関連の需要は底堅い。マスクやパソコン用の眼鏡などの購入が増え、保健医療は11.7%増だった。除菌グッズやサーキュレーターなどの売れ行きも好調だった。

9月に入り、感染拡大には一定程度歯止めがかかった。政府の消費刺激策「Go Toキャンペーン」も本格的に始動した。ただ2019年9月は消費税率引き上げ前の駆け込み消費があり、今年9月の消費支出も前年比では大きなマイナスとなる公算が大きい。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン